商標出願依頼フォーム

商標は、文字、図形要素等(以下「文字等」)とその用途の組み合わせです。「アップル」という文字を「中古車の査定」という用途に用いると1つのブランドネームであり、「スマートフォン」という用途に用いるともう1つの別のブランドネームになります。

商標出願に当たっては、どのような文字等をブランディングに用いるかという問題に加えて、その文字等をどのような用途、すなわちどのような事業に用いるかという問題に答えていく必要があります。

スタートアップの事業は、事業が前に進むにつれて提供価値が多様化し、あるいは顧客層が広がっていくのが常であり、直近の事業に加えて中長期的に行っていく事業についても可能であれば検討しておくことが望まれます。

これから出願する商標が先行商標と文字等において同一又は類似であり、かつ、用途が同一又は類似である場合、登録をすることができません。これから出願する商標の用途をどのように理解するかは、特にこれまでにない事業を行うスタートアップについては難易度が高いケースが多いです。

ただ、自社で用いたい文字と同一又は類似の文字が先行商標として出願されているか否かは特許庁のデータベース「J-PlatPat」にアクセスして「商標」→「称呼検索」を選択し、「称呼」と記載された入力欄にカタカナで入力すれば簡単に分かりますので是非試してみてください。

また、類似する事業を行う他社商標は、商標の用途を正しく理解する上で関連商標として参考になります。

商標出願に向けた検討に必要となりますので、お手数ですが以下のフォーム入力をお願いいたします。

[注意] こちらの依頼フォームは入力をお願いした方のみを対象としています。それ以外の方にご入力いただいた内容は守秘義務を負いませんのでご留意ください。